愛犬にステップアップの機会を与えましょう!

得意技は犬とお話しすること。ドッグトレーニングスクールワラビー園長の座間利恵です。

愛犬と暮していると 飼い方や しつけ方 いつも悩みますよね。

飼い主さんと愛犬さん、双方からの目線で暮らしに役立つお悩みにお答えします。。

が…本日は、我が家の近況報告にいたしました。^^;

「愛犬に機会を与えましょう!」ってことは、愛犬にステップアップする機会を与え社会に順応させしましょう!ってことなんですが。

え?!何で??って思われますよね。

私、5頭の柴犬と野良出身の保護犬1頭と生活しています。

利用されるの園児たち洋犬さんのトレーニングをしていると常々思うんですね。

日本犬や野良犬って、やっぱり基本的に扱いが難しい。

自尊心が強いので、困ったことに一筋縄では行かないんですよね。

尊重してお膳立てして気分よくしなければ、なかなか思い通りに動いてくれない。

ましてや、警戒心が強いので、思いがけないことに過剰に怯えたりして逆にビックリさせられます。

そう日々暮しているうちに、私は愛犬たちの扱いには必要以上に慎重になってしまっていていました。

先日参加したセミナーで愛犬とデモンストレーションの候補に。

「怖がりさんなので」と一度はダメかもと諦めたんですが、急遽行うことになってしまいました。

「ムリかもしれないですがいいですか?」って保険をかけた自信ない飼い主。

周りは、トレーナーさんばかりなので「もちろん!」と回答。

気は引けましたが。

恐る恐る、ですが自信をもったフリをしてデモンストレーションに望みました。

ま~驚き!愛犬は誰よりも素晴らしいパフォーマンスをしてくれたんです。

私は、我が子のの飛躍のときを危うく逃すところでした。

カメラワークは違いますが、こんなにいっぱいの場所でやってくれたんですよ。

すごいでしょ!

怖がりさんのレッテルをはってしまっていたのは私だった。

しっかりトレーニングをして、さらす機会を与えてあげることで更なる可能性を広げてあげられるのは、どこを探そう私たち飼い主以外にいないのです。

私の愛犬は怖がりさんだから、

ダメだ。

ムリだ。

って決めつけないで、愛犬たちが社会に溶け込めるように教え、飛躍の機会を与え育ててあげることが大事!

愛犬との楽しい暮らし、共生とは、そんな日々の積み重ねだと私は思います。

あなたの愛犬さんはどんな子でしょう?

怖がりさんかどうかもわからない?

愛犬がどんな子か?WARABYでは愛犬診断も行っております。

愛犬のしつけに困ったら是非ご相談ください。

いろんな飼い主さんと愛犬さんのお悩み。互いが楽しめる暮らし方をWARABYではサポートしております。

お問い合わせは下記まで

送信前にお読みください

携帯電話のメールアドレスをご利用の場合

@gmail.com からのメールを受信できるように、設定をご確認ください。

送信完了後、ただちに【自動返信メール】が届きます。

もし、届かない場合は・・・

  • 迷惑メールフォルダや、ゴミ箱の中も確認してください。
  • 入力に誤りがある場合がございます。再度送信いただくか、お問い合わせください。

Follow me!